東京うちなんちゅ会

東京の沖縄イベント情報

「粕壁エイサー」が縮小版ながら3年ぶりに開催! 熱心なファンで観覧チケットは早々に完売

粕壁エイサーまつり2022

 

平良英之
ハイサイ!TOKYOうちなーねっとの平良英之です。

 

2022年6月5日、埼玉県春日部市にて「粕壁エイサーまつり2022」が開催されました。

粕壁エイサーは沖縄の伝統文化であるエイサーを通じて、まちも元気になろうという思いから開催されています。

今回もその模様をミカエル・コバタさんに寄稿いただきましたので、以下お届けします。

 

<ご案内> 東京うちなんちゅ会

 

「粕壁エイサーまつり2022」レポート

 

6月5日(日)、埼玉・春日部市の「ふれあいキューブ」で、「粕壁エイサーまつり2022」(主催=春日部TMO・粕壁エイサー2022実行委員会)が3年ぶりに開催された。

コロナ禍とあって、2020年、2021年は中止。今年は主催者側が慎重に検討した結果、沖縄の本土復帰50周年ということもあり、内容を大幅に縮小する形での開催に踏み切った。

例年は「ふれあいキューブ」とサポート会場のショッピングモール「ララガーデン」との並行開催だったが、今年は「ふれあいキューブ」のみ。新型コロナウイルス感染防止対策を踏まえ、座席の配置はソーシャルディタンス、野外での沖縄そばなどの飲食物の販売は中止。

観覧者にはマスク着用、飲食や会話、立ち見の禁止などが徹底された。ただ、館内フロアでの沖縄物産品販売は自由入場制で行われた。

ソーシャルディタンスのため、場内に1度に多くの観覧者を入れることができないため、3部制の入れ替えとなり、観覧チケットは事前に市内の飲食店などで配布され、早々に完売した。

前回(2019年)はエイサー出演団体は7つだったが、今回は控え室の密を避けるため、琉球國祭り太鼓と沖縄創作太鼓 黄龍の2団体のみ参加。例年なら、そのほかに、琉球舞踊、沖縄手話ダンス、龍球空手道、沖縄現代版組踊なども披露されていたが、今年は沖縄・名護出身の歌手シューベルト松田の島唄ライブのみのラインナップとなった。

そもそも、沖縄と春日部ではあまり縁がないが、春日部商工会のメンバーが創作エイサー太鼓に感動し、同市民に伝えたいとの趣旨で、このイベントがスタートしたもの。

2006年の第1回は1団体のみ出演で、その後、年々、来場者も増えて、出演団体も増えていき、初夏の恒例行事として、すっかり同市民に浸透していた。

2団体のみの参加ではあったが、その分、参加団体は曲目を増やし、熱のこもった演舞を披露。残念ながら感染対策でカチャーシーは中止されたが、3年ぶりの開催とあって、集まった観覧者は胸を熱くしたようだ。

コロナ禍とあって、縮小開催はやむを得ないところで、実施してくれただけでも英断だ。コロナが落ち着き、来年こそは本格的な開催ができることを期待してやまない。

(取材・文=ミカエル・コバタ)



<ご案内>
東京うちなんちゅ会

 

TOKYOうちなーねっとにご参加ください

私たちは「東京から沖縄を盛り上げる」をテーマにうちなんちゅの活躍を伝え、つながり、サポートするコミュニティです。

公式SNSをフォローするのみでご参加でき、最新情報をお届けします。

興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

 

Instagram

Facebook

Twitter

 

-東京の沖縄イベント情報
-