東京うちなんちゅ会

東京の沖縄イベント情報

新宿エイサーまつり2022レポート~新宿の街が3年ぶりにエイサーで“熱く暑く”燃えた!

 

平良英之
ハイサイ!TOKYOうちなーねっとの平良英之です。

 

2022年7月30日、JR新宿駅東口にて「新宿エイサーまつり2022」が開催されました。

コロナ禍により3年ぶりの開催となった関東有数のエイサーイベント。

今回もその模様をミカエル・コバタさんに豊富な写真とともに寄稿いただきましたので、以下お届けします。

 

<ご案内> 東京うちなんちゅ会

 

新宿の街の夏の風物詩が3年ぶりに帰ってきた!

 

「第19回新宿エイサーまつり2022」(主催=同大会委員会)が7月30日(土)に、「お待ちどうさま!」のキャッチフレーズのもと、東京・新宿の東口一帯で開催された。

同大会は関東最大規模のエイサーまつりであるが、一昨年、昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止。

「今年こそは」との運営側の熱い思いが実り、3年ぶりの開催にこぎ着けた。とはいえ、さすがに例年通りとはいかず、従来より開催会場も減り、昼の部(午後1時から4時)のみで実施。夜の部やフィナーレのカチャーシーは実施されなかった。

新宿アルタ前でのオープニングセレモニーにはお笑いコンビ・ガレッジセールのゴリ、宮川たま子がゲストで来場。沖縄音楽界の大御所・古謝美佐子が琉神の舞いとともに歌を披露し、大会に華を添えた。

今年はアルタ前、新宿高野前、ビックカメラ前、伊勢丹・丸井前の4会場で演舞が実施され、関東からは上石神井琉球エイサー会、心~くくる~、園田エイサー・美ら桐朋、東京中野区新風エイサー、なんくるエイサー、方南エイサーむるち組、町田遊星、明正小HAPPY☆エイサーズ、用賀小エイサーチーム、琉球國祭り太鼓東京支部、琉球舞団 昇龍祭太鼓の12団体が出演。

そのほか、沖縄・糸満の創作演武団SUZUKAと静岡の創作童衆希宝のコラボチーム、本場沖縄・うるま市の具志川青年会の計14団体が参加。

残念ながら、直前になって諸々の事情で4団体が出演を辞退したが、このご時世では致し方ないことだった。

何より本場沖縄より2018年の第17回大会以来、4年ぶりに参加団体があったのは意義のあることで、炎天下のなか、14団体が熱い演舞を披露してくれた。

同大会は過去18回、途中荒天になっての打ち切りこそあれ、雨天中止が1度もない。

そのジンクスは今年も生きていたようで、オープニング時点での東京の気温は35度ほど。

陽射しの強さは沖縄をほうふつとさせるもので、まさに新宿が沖縄になった“熱く暑い日”だった。

関東のエイサーファンも待ちに待っていたようで、例年以上に集まったと思われる大観衆は3年ぶりのエイサーに酔いしれ、皆笑顔でいっぱいだった。

来年はいよいよ区切りの20回目。コロナも吹き飛んで、2023年こそ通常通り、いやそれ以上の規模で開催されることを願ってやまない。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

 

東京うちなんちゅ会にご参加ください


東京うちなんちゅ会

東京うちなんちゅ会は出身問わず、沖縄好きな方が集うコミュニティです。

ふだんはLINEでゆるくつながり、たまに希望者どうしで集まる交流会などで「心の居場所」を作り出しています。

参加費は無料です。ぜひ気軽にご参加ください。

 

>>東京うちなんちゅ会への参加はこちらから

 

沖縄からの上京・就職をサポートします


しまんちゅの翼

東京の様々な沖縄コミュニティで力を合わせて、沖縄から東京(関東)へ出てくる皆さんをサポートしています。

「お部屋探し」「お仕事探し」「コミュニティ紹介」を通じて、あなたの夢の実現をサポートします。

 

>>「しまんちゅの翼」の詳細はこちら

 

SNSで更新情報をお知らせします

TOKYOうちなーねっとの更新情報は各SNSでお知らせしています。ぜひフォローください。

 

Instagram

Facebook

Twitter

 

-東京の沖縄イベント情報